採用情報
子ども達のお手本となれる保育士を目指して

当園では、「専門性」「社会性」「人間性」のに重点を置き、長期的な視野で職員育成に臨んでおります。
例え新任職員であれ、保育士として園生活を共にする以上、日々の専門的な能力の向上はもちろん、一人の人間として魅力あふれる存在になることが、園児にとっての安心であり、喜びであると考えます。

*「沖縄県保育士・保育所総合支援センター」のウェブサイトへ移動します。

 
採用について

1

職員育成の方針

ゆたか福祉会の一番の宝は人です! ゆたか福祉会はスタッフを愛して、育てて、守ります。

職員同士でいろいろなアイディアを持ち寄り、一人ひとりが個性豊かな発想や意見を出すことができる園です。
経験がなくても大丈夫。全職員が心をひとつにして、子ども達にとってより良い環境づくりを心がけています。

2

実習の受け入れ

保育士を目指す皆様へ

当園では、実際に肌で園を感じてもらうことで、今後保育士として園選びをする際の参考になればと思います。また実習を通じて「保育のプロ」としての意識向上、そして当園の魅力を感じていただきたいと考えております。

実習をご希望の方は、まずお電話にてお問い合わせください。


 電話:098-851-5527
 担当:平田

 
職員研修について

職員の更なる向上を目指して

職員研修を行うにあたって、決してその場限りでない、研修後も活かし続けられるような内容になるよう努力しております。
保育園最大の魅力とは、新しい校舎や設備ではなく、第一に職員の人材的魅力であると考え、研修プログラムを積極的に設け、さらに有意義な研修になるよう日々模索しております。

1

園内研修

自分たちの保育園について考えることができる

● チームワークが強化される
考えを出し合い、議論し、まとめ上げるという段階を踏むことで職員全員でかたちにしたいという大きな一体感が生まれる。

 

● 責任感が生まれる
職員みんなで仕事に対して向き合い、問題点、解決策を考える。自分と向き合う貴重な機会でもあり、責任感を自覚する事へとつながる。

 

● 実現力が問われる
指示されたことをするのではなく自分たちでたどり着いた考えを全員で実演する。

 

● 発展的継続性
全員が共有することで、文化の土壌が確立され、新たな提案、発展的意見が生まれる。

2

園外研修

個人のスキルアップを図るとともに、
客観的に園を見つめ直す


● スキルアップ
社会人としての振る舞いや姿勢を学んだり、高度な保育の知識を高めたり、保育士としての共通認識を身に付ける。

 

● 対等な立場で話し、情報交換をする
自分の立場や、園の人間関係などを気にせず、対等の話し合いができる。他園の職員と話すことによって、自分のこれまでの価値観を見直す機会となる。

 

● 意識向上
社会人としての振る舞いや姿勢、管理職としての役割や認識など、各個人が自分の立場を理解し、どうしていかなければならないかの意識付けになる。

〒901-0213 沖縄県豊見城市字高嶺446-96
社会福祉法人 ゆたか福祉会 豊見城こども園
TEL.098-851-5527 FAX.098-851-5537

Copyright(C)2018 TOMISHIRO KODOMOEN. All rights reserved.