​豊見城こども園について
 
園長からのメッセージ

幼児期は人間形成の大切な時間です。
豊見城こども園は、子ども達が現在を最も良く生き望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うために「一人ひとりを大切にする保育」を実践しています。
「体験学習」を大切にして、日常の「生活体験」年間を通しての「行事」から自分で考えて行動する力」「困難に負けない強い力」を育みます。
保育教諭も子ども達も一緒に思いきり遊んで楽しむことで共に学び、育ちあっています。
子どもは「親だけで育てるもの」と思わなくてもだいじょうぶ!
いろいろな人との関わりや優しさにふれることが子どもを豊かに育ててくれるのです。
家庭と園が思いや願いをひとつに、子育ての楽しさを共有していきましょう。

 
基本理念

社会法人ゆたか福祉会は、児童福祉法に基づき乳幼児の保育を行うが、

保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、

児童の最善の幸福の為に日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、

児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行う。

なお児童の福祉を積極的に進める為に職員はゆたかな愛情をもって接し、

児童の処遇向上の為知識の習得と技術の向上に努める。

また家族の援助の為に常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。

 
教育・保育方針

保育方針は「教育・保育要領」に依拠して、職員が保育に臨む基本姿勢にあっては子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護する事を第一とする。また、常に児童の最善の幸福を願う為に保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあれば平易に説明して、よりよい保育の為に努力研鑽することを基本とする。

1.子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。

2.子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、
 自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより健全な心身の発達を図る。

3.ゆたかな人間性を持った子どもを育成する。

4.乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、
 公的施設としての社会的責任を果たす。

 
​教育・保育目標

1

ゆたかな心を育てる

●個性ゆたかな子を育てる

●道徳教育の中で他人を尊敬し生命を大切にする

●安全保育に心する

2

ゆたかな身体を育てる

●元気で明るい健康な子

●思いやりのある子

●最後まで頑張る忍耐力のある子

●みんなと仲良く遊べる協調性のある子

3

ゆたかな感性を育てる

●体験学習に重点を置き自主性を促し
 遊びの中で考え工夫する力を育てる

 
沿革
〒901-0213 沖縄県豊見城市字高嶺446-96
社会福祉法人 ゆたか福祉会 豊見城こども園
TEL.098-851-5527 FAX.098-851-5537

Copyright(C)2018 TOMISHIRO KODOMOEN. All rights reserved.