5/21(土)ゆたか福祉会 管理者・リーダー研修

先日、講師の宮沢 優紀先生をお招きして、

第一回 ゆたか福祉会 管理者・リーダー研修を行いました。



今年度は、4回に分けての管理者・リーダー研修を行い、

様々なテーマについて学ばせていただく予定です。



今回のテーマは、

「妬みの理解と管理者・リーダーの役割」について、

様々な視点から、考える機会となりました。



「妬み=悪い」という認識が多いかと思いますが、

妬みにも”悪性” ”良性”があるということを知りました。


悪性の妬みは、「敵意」や「憤怒」の感情につながり、

良性の妬みは、「羨望」という憧れの感情につながる。


では、その良性の方へと向けるには?


それには、

相手のことを理解しようとする姿勢が大切であり、


・同じ熱量で語り合う

・あいさつをする

・声をたくさん掛け合う

・毎回、スローガンを掲げる

・見守る(その人自身が望み、その行動がきっとプラスに向かうと判断できる時に限る)


など、様々な方面から、アプローチする必要があると学びました。



また日頃から、自分の特性や相手の特性を把握することによって、

よい関係づくりができるのだと、改めて感じることができました。


その関係性が、可能性のある保育へと繋がっていくと信じ、

今後の保育に努めていきたいと思います。



今回、各施設のリーダーが集まり、沢山のディスカッションを行ったりなど、

とても貴重な時間となりました。


福祉会全体でこのような研修を行えるのも

保護者の皆様のご理解・ご協力あってのことだと思います!!

いつも本当にありがとうございます。


子ども達のために、職員が一丸となって頑張れるように

今回の研修を活かしていきたいと思います!

閲覧数:87回0件のコメント